FC2ブログ

記事一覧

ひな祭りは…。

ひな人形
ひな祭りは、別名「上巳(じょうし)の節句」。室町時代に中国から伝わった五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)のひとつなんだとか。もともとは旧暦3月上旬の巳(み)の日に行われていた行事で、老若男女関係なく、季節の変わり目に「身のけがれを祓い、無病息災で暮らせるように」と川で身を清めて汚れを祓うという神事で。それが平安時代に宮中の小さな女の子たちの間で行われていた人形遊び「ひな遊び」と結びつき、紙人形などにけがれを移して川に流し、女の子の健康と幸せを願ったのがひな祭りの起源だと言われています。
年中行事は、明治に太陰太陽暦から太陽暦を採用したときに、旧・新は1年の始まりの時期が違うため、季節感がずれました。
今、古くからある年中行事には、元の日にちをそのまま踏襲したもの(3月3日)・月遅れ(4月3日)・旧暦で行うもの(日は毎年変わる・35+-15位)の三通りがあります。
これは、その土地々々で、日にちを取るか季節感を残すかの違いで。月遅れは旧への換算を簡易化したものだと言われています。
現在のように、人形を飾るようになったのは江戸時代のこと。徳川家康の孫娘「東福門院」が自分の娘のためにつくった男女一対の内裏びなが始まりとされていて。その後、裕福な商家や名主の家庭へと広がり、次第に3月3日に人形を飾って女の子の成長を祝う儀式として定着し、飾る人形もだんだん豪華になっていったということです。さらに、三人官女や五人囃子などを加えた段飾りが普及したのは明治時代以降のことだそうです。
ひな祭りのもう一つの呼び方である「桃の節句」の由来は、上巳の日の頃に桃の花が咲くからとも、昔から桃には邪気を祓う力があるからとも言われています。しかし、甘く香る桃のイメージが華やいだ女の子のお祭りにふさわしいことから、今ではすっかりこの美しい名前のほうが親しまれるようになっています。
ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、春の訪れを伝える旬の食材が使われています。代表的なものとして、はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、ひなあられや白酒(しろざけ)、ちらし寿司などがあげられますが、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。昔の人ならではの風情ある由来を知ると、よりいっそう意味をもってひな祭りが楽しめそうです。
願いごとが叶うと言われるさざえや、はまぐりの代用品としてあさりなどの貝類もよく登場します。野菜では、芽を出すものが喜ばれ、わらびやよもぎ、木の芽などをおひたしや浅漬けにしたり、白酒に浮かしたりして楽しみます。また、子どもたちにはよもぎ餅や桜餅などが、春の香りがいっぱいで喜ばれそうです。
今年のひな祭りも、女の赤ちゃんが初めて3月3日を迎える初節句のお祝いや、子どもたちを囲んで家族や友人とパーティーを催される方も多いのではないでしょうか。ぜひ、ひな祭りならではの縁起のいいメニューを取り入れて、子どもたちの末永い健康と幸せを願って。食卓の会話も弾んで、おなかだけでなく、心まで満たしたいものです。

と長々文章を書いたように思われるかもしれませんがほぼコピペです(あしからず)。私の娘も大きくなり自宅で飾ることがなく勿体ないので大勢のお客様に見ていただけるようにロビーに飾りました。
後は後片付けをいつするかが問題で早く片付けないと結婚できないと言うけれど?


地中蠢く「啓蟄(けいちつ)の日」 3月6日に片付ける
ひな人形を片付けるのは、「啓蟄(けいちつ)の日」である3月6日頃が良いと言われています。若葉が芽吹き虫が蠢き始めるとされるこの日は、雨水の次の節目に当たります。3月3日からたった3日後とはずいぶん慌ただしい気もしますが、できるだけ季節の節目を超えず、遅くとも3月中旬頃までに片付けるのが良いようです。
災いを遠ざけ、娘が早く片付く(結婚できる)ように
季節の他にも早く片付ける理由があります。ひな人形は、女の子の厄を引き受ける役目を持っています。災いを遠ざけるという意味でも、ひな人形はできるだけ早く片付けた方が良いのです。また、行事が終わったらいつまでも出しっ放しにせず、きちんと片付けさせるというしつけの意味も含まれています。そして「片付けもできないとお嫁に行けないよ」というようなお小言が、「ひな人形を出しっ放しにしていると結婚できない」と変化し、通説になったと思われます。さらに、そのようによくしつけられた娘が早く「片付く」(結婚できる)ように、との願いも込められています。
片付けが遅れてもこうすれば安心?
早く片付けようと思っていても、つい遅れてしまうこともあります。古いしきたりに縛られず、天気の良い日を選んでゆっくりと片付ければ良いのですが、もし、気になる場合は内裏ひなを後ろ向きにしておきましょう。こうすることでお内裏様とおひな様は「眠った」「帰った」と解釈する地域もあるということです。

ということで、地域がら4月初めまで飾って天気の良い日にゆっくりと片付ける事にしよう。来年は吊るし雛なんかも飾ってみたいなぁ~と思う今日この頃です。
                                                             バカ旦那じゃなくて若だ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント